ベビカムトップ
>
子育て期(生後5~9ヶ月)
> 睡眠時の体勢(うつぶせ寝)について。
  • 専門家の相談回答へ専門家の相談回答へ
  • 専門家の相談回答へ専門家の相談回答へ
29歳女性 2019-10-08T02:34:00+0900 2019.10.08

Q.睡眠時の体勢(うつぶせ寝)について。

まもなく6ヶ月になる息子がいます

最近ようやく寝返りをうつようになりました。

しかし、寝返りを打ち始めてから、うつぶせ寝をするようになりました。
寝ている時に体勢を戻しているのですが、
またいつのまにかうつぶせ寝に戻ってます…
そして本人が居心地いいのか、仰向けに戻すとギャン泣き…

うつぶせ寝は問題ないのでしょうか…

  • アイコン3

問題のある投稿を報告

0

うつぶせ寝はSIDS(乳幼児突然死症候群)の発生率が高いため、問題ないとはいえません。

SIDS(*)は生後6ヶ月までが起こりやすい時期なので、お子さんの場合は十分な注意が必要です。うつぶせ寝で寝入った場合には、これまで通り仰向け寝にする方が安心だと思いますし、長時間一人で寝かせないようにした方がよいでしょう。

厚生労働省のサイト(https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000181942_00001.html)では、SIDS発症リスクを低くするために、以下3つのポイントを挙げています。

・1歳になるまでは、寝かせる時はあおむけに寝かせましょう
・できるだけ母乳で育てましょう
・たばこをやめましょう

ただし、赤ちゃんがあおむけからうつぶせと、うつぶせからあおむけのどちら側からでも自分で寝返りができるようになったら、あおむけ寝の姿勢に戻す必要はないとされています。その場合もSIDS のリスクを減らすために、眠り始めるときにあおむけ寝の姿勢にしてあげることと、寝返りをした時に備えて赤ちゃんの周囲に柔らかな寝具を置かないようにすることに注意しましょう。

*SIDSは、元気だった赤ちゃんがなんの前ぶれもなく、突然呼吸が止まり、死亡してしまう病気で、窒息などの事故とは異なります。詳細な原因はまだわかっていませんが、起こしやすい危険因子として、うつぶせ寝、周囲の大人の喫煙、着せすぎなどが挙げられます。

2019-10-08T02:34:00+0900
  • ▼ 山本 智美さんのプロフィール

    • 聖母病院(東京都新宿区)勤務。いつも妊婦さんの気持ちを大切に、優しく、ときには厳しくコミュニケーションしている。「相手の立場に立った、わかりやすい相談」がモットー。妊娠・出産・育児に不安を感じる妊婦さんたちを、安心に導くかたわら、近年は妊娠からの食育の提案する活動(妊娠食育研究会)、メンタルヘルスの支援、高校生の性教育にも積極的に取り組んでいる。

回答する

みんなの回答

2019-10-29T21:35:51+0900 2019.10.29
0

4歳、2歳の子がいます。
常にゴロゴロ体制が変わるのでドキドキしていました。
幸い、うつ伏せになっても顔だけは横を向くことが多かったので大丈夫でしたが心配しますよね。体制じゃなくて顔だけでも横を向かせられたらいいのかなと思います。
ちなみに今もうつ伏せ。。。というか、北京ダックのような格好で寝ることが多いです。

いいね
もっと見る

問題のある投稿を報告

2019-10-12T01:45:24+0900 2019.10.12
0

うちの子もよくうつぶせ寝をする子でハラハラしていた時期がありました。窒息が心配なので硬めの敷き布団の上で寝かすなど場所に気をつけて、柔らかい場所では寝かさないようにしていました。 そしてうつ伏せで寝ている間はできるだけ自分も傍にいるようにしていました。 生後半年位になるとSIDSのリスクも減ってくるらしいですし、私は特に仰向けに戻したりはしなかったです。

いいね
もっと見る

問題のある投稿を報告

匿名2019-10-12T00:16:22+0900 2019.10.12
0

わかります〜!うちもそうでした。
戻してもすぐゴロンで、困ったことを覚えています。
やはりSIDSのことを考えると心配はありますよね。
極力隣で様子をうかがうようにしていました。
でも、やっぱり限界はありますけどね。
神に祈るのみでした。。

いいね
もっと見る

問題のある投稿を報告

ベビカム相談室 育児の注目タグ

powerd by babycome