帽状腱膜下出血(ぼうじょうけんまくかしゅっけつ)

どんな病気?


頭部が暗赤色にはれ、ときには大出血を起こし、貧血やショック状態になることがあります。

症状


生後数時間から1日のうちに出血がすすみ、頭部が暗赤色にはれあがってきます。はれが骨縫合(頭の中央にある骨の継ぎ目)を越えて広がるのが、頭血腫(「頭血腫」)との大きなちがいです。ときに大出血になり、貧血やショック状態におちいることもあり、最悪の場合は死亡する可能性もあります。強い黄疸を引き起こすこともあります。

原因


帽状腱膜とは頭皮の下にあって、頭蓋骨を包んでいる組織です。吸引分娩や鉗子分娩で頭皮が強く引っぱられることによって、帽状腱膜と骨膜とのあいだに出血が起こることがあります。

治療


たいがいは1週間以内に自然に治りますが、貧血やショック状態を起こした場合は、輸血や昇圧剤などによる治療が必要になります。
 黄疸が強い場合は光線療法や、ときには交換輸血が必要です。
図「頭血腫と帽状腱膜下出血」

ベビカムは、赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。
本サイトは、妊娠・出産・育児に関して、少しでも皆さまの参考となる情報の提供を目的としています。

掲載された情報を参考に、気になる症状などがあれば、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

今すぐ病院検索&予約
待ち時間なくラクラク受診♪

近くの病院を探す

関連するキーワード

出血 頭のはれ 帽状腱膜下出血 帽状腱膜下出血
ベビカム医学辞典