2歳3ヶ月の子どもの成長 2歳3ヶ月

まだまだ油断して怪我をする危険も多いので、ママは常に注意しなくてはなりませんが、ひとりでかなり遊べるようになったと実感することでしょう。砂だらけ、泥だらけになるのも大事な経験のひとつです。 生後2歳3ヶ月 子どもの成長

思いっきり外遊びを

体の動きはますます自由自在になり、2歳前後くらいから、その場でジャンプができるようになります。 また、上手投げでボールが投げられるように。 手まりくらいのボールなら、大人が近くからゆっくり投げてあげると、キャッチすることも出てきます。
公園では、自分ひとりですべり台の階段を上り、助けを借りずにすべり降りることができるようになります。 まだまだ油断して怪我をする危険も多いので、ママは常に注意しなくてはなりませんが、ひとりでかなり遊べるようになったと実感することでしょう。
砂だらけ、泥だらけになるのも大事な経験のひとつです。 ママの気持ちに余裕のあるときに、「今日はどんなに汚してもいい」と覚悟を決めて思いっきり泥遊びをさせるのもいいですね。

1日中家にいる日には

天気が悪く、外に出て遊べないと、動きたい盛りの子どもは欲求不満になりぐずりがち。 そんなときには、スキンシップを心がけた遊びをしてみては?
あお向けに寝たママのおなかの上で子どもを腹ばいにさせ、ゆらゆら揺すってふり落とすと、子どもは大喜び。 また、この体勢から、お子さんとママが手をつなぎ、ママの両足の裏で子どものおなかを持ち上げて、「飛行機ごっこ」をするのもいいですね。 子どもはちょっと手荒く扱われるのが好きです。布団の上など落ちても危なくないところで、思いっきりふざけ合いましょう。
でも、体を使った遊びばかりではママもくたくた。 おひざの上に子どもを座らせ、絵本を読んであげるのもいいですね。 2歳過ぎの子どもは、ページを1枚ずつうまくめくれるようになります。 ママがお話を読んでいても、そっちのけで、ページをただただ繰り返しめくるときもありますが、ストーリー通りに進まなくても、好きなようにやらせてあげて。 「くまさんがハチミツ食べてるよ〜」などとママが声をかけるうちに、絵本の内容に興味をもつようになってきます。
さて、この頃になると、おうちにも絵本が何冊かたまっていることでしょうが、収納はどうしていますか? 子どもの絵本は、大人の本のように本棚にしまうのではなく、表紙が見えるように壁にたてかけて並べると、子どもが選びやすくなりますよ。

この頃の部屋遊び

手先の細かい動きができるようになり、遊びの種類も増えてきます。 クレヨンでのお絵描きも、これまではなぐり描きだったのが、上手に丸や線が描けるようになってきます。 お絵描きをするときは、子どもにだけ描かせるのではなく、ママも隣りで一緒に描きましょう。 ネコや犬、お子さんの似顔絵などを描くと大喜びですよ。 色についてもだんだんとわかってきて、赤などいくつかの強い色について、見分けて言うことができるようになります。 指先を使った遊びとして、粘土で形を作るのが上手になります。先に紹介した小麦粉粘土などで、親子でいろいろな形を作って楽しみましょう。

2歳3ヶ月の成長記録の投稿

powerd by babycome