ベビカムトップ
>
子育て期(生後0~4ヶ月)
> 2ヶ月児が脂漏性皮膚炎なんです
  • 専門家の相談回答へ専門家の相談回答へ
  • 専門家の相談回答へ専門家の相談回答へ
2002-03-01T00:00:00+0900 2002.03.01

Q.2ヶ月児が脂漏性皮膚炎なんです

女の子を出産しました。2週間くらいで顔に赤いぶつぶつができはじめ2日くらいであっという間に首から上が真っ赤になりました。まゆと鼻の下、あごが黄色くなり、一ヶ月月検診で脂漏性皮膚炎ということでアンダームをもらってかえりました。

石鹸でよく洗い、薬を塗ると最初のころよりはよくなりましたが、赤いぶつぶつとほっぺの赤みが消えません。痒いみたいでしょっちゅう顔に傷ができます。後、頭の中は、ふけのようになってます。
これはしばらくほっとくとよくなるのですか。それとも早めに皮膚科につれていったほうがいいのでしょうか。

  • アイコン0

問題のある投稿を報告

0

生後2~3週目頃から生後2~3ヶ月までは、皮膚のあぶら分を分泌する腺(皮脂腺)の活動が生理的に活発な時期で、この時期、特に顔面のおでこやまゆ毛の周辺、ほっぺたから耳の前あたりにかけて湿疹ができることがあります。湿疹は、単に皮膚が赤みを帯びただけの状態から、ジクジクと黄色ぽい液体が染み出して、見るからに痛々しい状態まで様々です。ご質問の赤ちゃんの場合、一ヶ月健診の時に診断された湿疹がまさしく、この脂漏性湿疹です。脂漏性湿疹の治療の基本はスキンケアです。皮膚のあぶら分を石鹸で洗ってあげます。この際に、あまりあぶら分を取りすぎてしまうと、かえって皮膚が乾燥してがさがさになったり、ひび割れてきてしまうので、皮膚の状態によく気をつけながら、石鹸での洗顔と、お湯を使った清拭とを日によって組み合わせるといいでしょう。頭の中でかさぶたの様になっている場合には、ごしごし擦るのではなく、入浴の前にあらかじめベビーオイルなどでふやかしてから洗い流すといいでしょう。この場合にも、あまりあぶら分を落としすぎると、かさぶた状になっている部分からふけの様にぼろぼろと皮膚の屑が剥がれてきます。ジクジクしている場合や、痒みがある場合には塗り薬の軟膏が処方されると思います。「アンダーム」はこのような場合によく使われている非ステロイド系の抗炎症剤です。ご質問の赤ちゃんの場合、症状としてはそれほどひどくはないようですから、もうしばらくスキンケアとかゆがったりするときにはアンダームを塗布すると言うことで様子を見られたらいいのではないかと思います。脂漏性湿疹は、通常生後3ヶ月前後には収まってきますが、それ以降も湿疹がひどい場合には乳児アトピー性皮膚炎などの可能性も考えなくてはならないので、小児科もしくは皮膚科の先生に相談して下さい。

2002-03-01T00:00:00+0900
  • ▼ 加部 一彦先生のプロフィール

    • 埼玉医大総合医療センター新生児科教授、小児科医。新生児集中治療室(NICU)で、主に早産のために小さく生まれたり、生まれてすぐに何らかの病気をかかえ、入院となった赤ちゃんのお世話を生業としている他、医療安全や病院建築など幅広い領域に関心を持って活動中。すでに社会人となった3人の息子達とはSNSで情報交換したり、時には飲みに行ったりと、「オトナの付き合い」ができる様になった事を喜んでいる。著書に『新生児医療は、いま』(岩波書店)、『障害を持つ子を産むということ』(中央法規出版)など。

ベビカム相談室 育児の注目タグ

powerd by babycome