ベビカムトップ
>
ワコールでエンジョイ マタニティ
> 2020年1〜3月「戌の日」カレンダー
マタニティ

2020年7月〜12月「戌の日」カレンダー

妊娠してから5カ月目にはじめて迎える「戌の日」。2020年の7月〜12月の戌の日をチェックしておきましょう。また、安産祈願に巻く腹帯(妊婦帯)はどんな種類があるのかも、あわせてチェックしてみてくださいね。

2020年7月1日更新
2020年1-3月「戌の日」カレンダー

12日に1度めぐってくる「戌の日」

お産が軽いといわれ、たくさんの子を産むと言われている犬(戌)は昔から安産の守り神とされていました。 それにあやかってママとおなかの赤ちゃんの無事を願い、暦の上で12日に1度めぐってくる「戌の日」に安産祈願を行うようになったと言われ、 妊娠5カ月を過ぎた最初の戌の日に、日本では妊婦さんが腹帯を巻き、安産祈願のお参りをするという「帯祝い」の風習が言い伝えられています。

妊娠5カ月目は安定期に入り、このタイミングに従わなければいけないという決まりはありませんが、安産祈願に行く時期の目安として、 家族のスケジュールも押さえておくとよいでしょう。しかし、ママの体調や天候などが優先ですので、無理のない程度にお参りするようにしてください。

妊婦帯の役割って?

妊婦帯は「ママのおなかと腰が冷えすぎないように守る役割」「大きくなるおなかの重みを支え、負担のかかる腰をサポートする役割」を持っています。

さらしタイプの妊婦帯

古くからある「岩田帯」とい呼ばれるさらし布のことです。おなかの大きさや体調に合わせて巻き方を変えられます。 妊娠中期と後期によって巻き方が変わるので、はじめの頃は1人で巻くことは難しいかもしれません。助産師さんなどきちんと巻ける人にお手本を見せてもらうとよいでしょう。

腹巻きタイプの妊婦帯

筒状でショーツの上から着用するタイプの妊婦帯です。ソフトなサポート力なので就寝時やリラックス時の着用がおすすめです。 ワコールの腹巻タイプの妊婦帯は伸縮性がよくおなかの変化に対応できます。やさしくおなかや腰をすっぽりとつつみこむので、おなかまわりの冷え対策にもピッタリ!

パンツタイプの妊婦帯

ワコールのパンツタイプの妊婦帯は1枚で着用できるので、アウターにひびきにくく、外出時やお仕事時におすすめです。 調整ベルトでおなかをしっかり支えるタイプや、検診時に便利な機能がついているタイプ、骨盤をサポートするタイプなどがあるので、自分に合う妊婦帯を選ぶことができます。 汗をかきやすく肌がベタつきがちな妊娠中、着脱のしやすいタイプや、やさしくさらりとした肌触りの妊婦帯がおすすめです!

ワコールでエンジョイ マタニティ
powerd by babycome
お気に入り!を取り消す