>
> 水分と赤ちゃんのおはなし

水分と赤ちゃんのおはなし

赤ちゃんのからだ

水分と赤ちゃんのおはなし 目次

赤ちゃんのからだ

赤ちゃんの体重の約70%が水分です

人間のからだは、体重の約60%が水分です。その水分は、生命維持や酸素・栄養分を体内に運び込み、老廃物を外に出すという重要な役割をしています。ぷっちりと弾力のある赤ちゃんのからだは、水分がさらに多くて約70%。

そして赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、大人の3倍(体重1kg当たり)も汗っかき。つまり、大人以上に水分補給が重要だと言われています。発熱や猛暑による脱水状態になりやすいのはそのためです。赤ちゃんの水分補給、こまめにしてあげましょう。

赤ちゃんの体重の約70%が水分です

赤ちゃんの腎臓

赤ちゃんの臓器はまだまだ未熟です

赤ちゃんの臓器はまだまだ未熟です

体内の不要物は腎臓でろ過され、おしっことして排泄に回されます。ただ、赤ちゃんの腎臓はまだ未熟。大人のように濃縮したおしっこは作れず、尿として出ていく水分は体重1キロあたり大人の約3倍。それだけ水分が必要だということです。

また、塩分、糖分の高い飲料は未熟な腎臓には負担が大きすぎるので要注意。100%果汁などは薄めてあげましょう。100%果汁そのものを薄めることで赤ちゃんの体液の浸透圧に近づけることができます。薄めた果汁を与えることは、赤ちゃんの内臓への負担を軽くするという意味なのです。

赤ちゃんの水分補給

おっぱいやミルクを基本に水分補給を

おっぱいやミルクを基本に水分補給を

赤ちゃんは、おっぱいやミルクから水分を吸収しており、母乳などを十分に飲んでいる赤ちゃんはふつう水分をほしがらないかもしれません。しかし特に、お風呂あがり、散歩の後、暑いときなどは、たくさんの水分を欲しています。月齢、季節、状況によって白湯や番茶や麦茶、果汁やイオン飲料などを使って、水分補給をしてあげましょう。

さらに発熱や嘔吐や下痢など、病的な症状が加わって水分が急激に失われた時は、必ず専門医に相談を。

症状にあった水分補給の方法もあわせて確認をしておくと安心です。水分補給で気をつけて欲しいのは、果汁やイオン飲料を与え過ぎて肝心のおっぱいやミルクが飲めなくならないように考えることです。同時に味が濃くて浸透圧が高いものは、赤ちゃんの体に負担になるので、注意してください。

赤ちゃんの水分補給2

月齢や体の状態に合わせた飲み物選びを

月齢や体の状態に合わせた飲み物選びを

母乳やミルク以外の飲み物としては、まずはお風呂あがりの白湯や番茶や麦茶を基本にして、3〜4ヶ月から果汁、イオン飲料をプラスしていくママが多いようです。

特にイオン飲料は、「汗をかいたとき」「発熱や下痢のとき」に利用されています。(ただし下痢やおう吐などの症状の赤ちゃんに与える場合は、かかりつけの医師に相談してください)

果汁やイオン飲料を与えるときは、赤ちゃん用を選ぶようにするのが賢明です。

栄養と食生活お役立ち情報

powerd by babycome