s
>
> 1年前、17週で後期流産。半年経ち妊活を開始したけれど…

▶︎ すべての相談を見る

ベビカム相談室

  • お悩み相談する!
過去の相談

Q.1年前、17週で後期流産。半年経ち妊活を開始したけれど…

1年前、17週で後期流産しました。半年後から妊活を開始し、5ヶ月前から甲状腺の薬チラーチンを服用しています。チラーチン服用後、排卵日がはっきりわかるようになり(検査薬が線が出る、おりものが出る、排卵痛がある)効果を実感しています。そこで、3つ質問があります。よろしくお願いいたします。



質問1 チラーチンを何ヶ月も服用して副作用は大丈夫でしょうか?

質問2 排卵痛が生理痛の痛い時位2日ほど続きますが、大丈夫でしょうか?

質問3 妊娠中は妊娠悪阻で入院し、ほとんど水も食事も食べられず元々痩せているのに10kgも体重が落ちました。この事による次の妊娠への影響はありますか?



(30歳女性)

  • 0

問題のある投稿を報告

堀口貞夫先生(元愛育病院院長・産婦人科医師)のアドバイス
1

まず質問1についてです。

チラーヂンは甲状腺機能低下の時に飲む薬です。甲状腺機能低下の時は、そのための身体の不調に対して処方されるのです。卵巣機能に影響するのもその一つです。薬を飲む必要があるかどうかは、甲状腺機能が正常になったかどうかで判断するのです。従って主治医の指示に従って飲んでください。副作用については、治療しながら主治医が注意しています。卵巣機能や妊娠に対しての副作用という意味では、甲状腺機能が低下していると排卵しなかったり、卵巣で分泌される女性ホルモンに影響するので、甲状腺機能低下しているのに薬を飲まないほうが、卵巣がうまく機能し無い可能性が高いのです。



次に質問2についてです。

生理痛の時にどのくらい痛いのかが、このご質問の文章だけではわかりませんが、
また診察をしていないので断定的には言えませんが、心配は無いのではないかと思います。産婦人科の診察を受けて「このくらいの痛みが心配の無いものか?」を尋ねられるのが一番だと思います。



最後に質問3についてです。

「次の妊娠への影響」とは栄養が取れず体重が10kgも落ちたことが、次に妊娠しにくい、あるいは、妊娠しても胎児や妊娠の経過に影響するか」ということでしょうか?
あるいは、「次の妊娠の時に、また重い妊娠悪阻になるのか」ということでしょうか?



前者ならば、妊娠前の体重は何kgだったかによります。45kgの方が、35kgになったのだとすれば、そしてまだ回復していないとすれば、母親の命を守るために妊娠しにくい、あるいは妊娠しても継続できずに流産する可能性が考えられます。しかし、身長に比べて体重が重い(BMIが大きい)場合は、標準体重に近づいているわけですから、問題はありません。どの程度の痩せかたかどうかによります。



後者ならば、重い妊娠悪阻の場合、次回の妊娠でも妊娠悪阻が重いとは必ずしも言えません。一度妊娠したことが体質を変えることがありますし、妊娠したによる母親の体の変化は、妊娠のたびに同じではないからです。吐き気や、気持ちの悪さなどは、精神的な影響を受けやすいので、具合が悪くなったら治療を受ければいいくらいの気持ちで、いた方がいいですね。

  • ▼ 堀口貞夫先生のプロフィール

    • 元愛育病院院長、元東京大学医学部講師。妊婦が安心して、自分が納得のいくお産をするために、のべ4万人という妊・産婦をあたたかく見守ってきた。「妊婦のことを親身になって考えてくれる」と評判が高い。現在はJR四ツ谷駅前の「主婦会館クリニック からだと心の診療室」(主婦会館プラザエフ4F)にて、女性のからだと心を両面からサポートしている。著書に『あなただから だいじょうぶ』 (赤ちゃんとママ社)など。

不二家の御贈答券が当たる!ハッシュタグキャンペーン

おすすめ特集

PR