> ベビカムについて

ベビカムについて

そもそもベビカムはどのようにして生まれたの?

BabyComesTrue プロジェクト代表 安西正育

BabyComesTrue プロジェクト代表 安西正育
(ベビカム株式会社 代表取締役社長) 

1996年から、妊娠・出産・子育てをサポートするプロジェクト「Baby ComesTrue プロジェクト」としてベビカム株式会社が構想・企画していたものが、1998年6月に一般向けサービスとして生まれました。

1998年6月スタート時の安西からのメッセージ

妊娠している時って、本当は幸せを思いっきりかみしめられる時期なのに…」妻が私に言ったこの言葉が、BabyComesTrueプロジェクトの構想の始まりでした。

どんな女性でも、初めてこどもを授かるということは未知の体験でしょう。誰もが同じ未知の体験に向かって、「楽しみ」と同時に「不安」を有しながら手探りで進んでいくわけです。

私の場合も、特に初めての子が生まれるまでは、妻は不安ばかりで出産を楽しむなんて余裕はありませんでした。夫としての私も当然何をしてよいのかほとんどわかりませんでした。でも、この不安は、単にきちんとした知識を得る環境がなかったり、相談する相手がそばにいなかったりすることによって引き起こされるものが多いのではないでしょうか?
核家族化が定着している現在の社会では、インターネットがその不安を少なくして、楽しみを増やしてくれる可能性のあるものだと信じています。

BabyComesTrueは、インターネットをひとつの手段として、妊婦の方々を中心としたコミュニティをサポートするプロジェクトです。私は男ですので自分で妊娠した経験もありませんし、出産関係の専門家でもありませんが、数多くの方々のご指導・ご協力のもとに、2年前から構想してきましたBabyComesTrueプロジェクトをスタートすることができました。 この場を借りてお礼を申し上げます。

ご興味を持たれたら、どうぞ「ベビカム」のメンバーになってみてください。 「不安」が「楽しみ」に少しずつ変わっていくはずです。

'98.6.11
BabyComesTrue プロジェクト代表
安西正育

ベビカムは誰のもの?

赤ちゃんが欲しいと思っている人、妊娠している人、子育てをしている人、そしてその家族など、妊娠・出産・育児に関して、少しでも不安や悩みをお持ちの方々のお役に立ちたいと考えています。

ベビカムの役割とは

「不安を楽しみに変えていく」

妊娠・出産・子育ての時期、昔はそばにおばあちゃんがいたり、近所づきあいもあって、まわりにサポート してくれる人たちがいました。しかし、核家族化が定着してきている現代では、 相談できる相手も少なく、不安を抱く女性がほとんどではないでしょうか。この不安を解消し、楽しみを増やすことのできる可能性のあるものとして、インターネットでのコミュニティは大きな役割を果たすものと考えています。
ベビカムではスタート時からコミュニティを提供してきました。また、コミュニティでのみなさんからのさまざまな声を直接聞くことによっても、今何に悩んでいるのか、何が必要とされているのかを受け止め、妊娠・出産・育児に関する役立つ情報を、インターネット・雑誌・イベントなどを通じて、継続的に提供し続けています。
ベビカムが提供するコミュニケーションの場や役立つ情報をはじめ、さまざまなサービスによって、不安や悩みを少しでも解決して、子どもと一緒に、楽しく充実した毎日を送っていただけるように願っています。

ベビカムアドバイザーとは

1998年のベビカムスタート以来、さまざまな面でアドバイスをいただき、ベビカムにとっての御意見番でもある著名な専門家の方々です。ベビカムスタッフとアドバイザーの先生方とは、継続的に意見交換の場を設けています。

powerd by babycome
  • 忙しいママに!待ち時間もグンと短縮♪ 病院予約

ピックアップ【PR】

PR