ベビカムトップ
>
妊娠・出産
>
マタニティビクス
> ももの付け根の血液循環アップ

【足のむくみ&こむらがえり予防】ももの付け根の血液循環アップ

足の付け根の痛みを和らげる体操

赤ちゃんの成長で圧迫を受けるところのひとつが、足の付け根。痛いけどじっとガマン…なんて思わずに、ダイナミックに動かして血液の循環をよくしましょう。足全体の血行改善にもつながるので足のだるさや、むくみの解消、足のつり予防にも効果的。恥骨のあたりに痛みを感じたら無理をしないでくださいね。

ももの付け根の血液循環アップ
Now Exercise!

ももの付け根の血液循環アップ

A.下のひざを軽く曲げて前に出します。下の手の上に頭を置いて上の手は胸の前に、安定したポジションをとりましょう。息を吸いながらひざを肩に引き寄せます。

B.息を吐きながら足を遠くに伸ばします。からだの延長線上に伸ばすようなイメージで動かします。呼吸のリズムにあわせてダイナミックに動かしましょう。8回動かしたら、反対の足も同じように行います

マタニティビクスのQ&A

質問 マタニティビクスのQ&A

質問

Q.妊娠中期頃から足に静脈瘤が出始めました。運動をしてもいいですか?

回答 マタニティビクスのQ&A

回答

A.大きくなった子宮や体重増加で、下肢への負担が増したり、そけい部が圧迫されて下肢の血液循環が悪くなったりするために静脈瘤が起こります。静脈瘤をひどくさせないためにも運動をしましょう。しかし、症状がひどく痛みや熱を持っている場合や、運動によって痛みが増すときは、行わない方が良いでしょう。また、静脈瘤が出たら、足をサポートする圧迫機能のあるストッキング等をはいて運動するといいでしょう。
powerd by babycome