1歳6ヶ月の子どもの成長 1歳6ヶ月

1歳6ヶ月児健診

身長・体重・胸囲・頭囲測定 歯科検診 精神発達(名前を呼ばれて振り向くかなど)・言語発達(意味のある単語を2、3語話せるかなど)・運動発達(ひとり歩きができるかなど) 食事指導、育児相談、事故防止指導など

今後のすこやかな成長のために

1歳6ヶ月時の健診では、ひとり歩きを始めているかどうかで体の発達のようすを確かめ、事故防止のアドバイスを受けるという点がまず大事なことです。 また、視力、聴力に異常があれば親が気づき始める時期なので、早期発見早期治療のために医師に診てもらうことが必要です。 また、虫歯予防のために、現状の歯の状態の検査や歯磨き指導などが必要になります。 また基本的な生活習慣を確立するためにも、困っていることがあったら医師、保健師、栄養士に相談しましょう。 歯の健診を受けて、これまで歯磨きのしつけが不十分だった場合には、改善していきましょう。 この頃から1歳9ヶ月頃にかけて、乳歯の数は16本ほどになり、奥歯も生えてきます。 毎日の歯みがきで虫歯を予防しましょう。子どもは自分でやりたがりますが、最後に必ず大人が仕上げ磨きをする必要があります。 虫歯予防には、毎日の食事にやわらかいスパゲティやハンバーグなどが多くなっていないか、食生活を見直すことも大事。 また、1歳6ヶ月から3歳にかけて、歯の表面にフッ素化合物を塗ると虫歯になりにくくなります。 副作用を指摘する声もあることを知ったうえで、小児歯科に詳しい医師に相談してみましょう。

赤ちゃんの歯

前歯が生えそろうと、手前の奥歯(第1臼歯)が出てきます|生後1歳6ヶ月 子どもの成長 前歯と奥歯の間に犬歯が生えてきます|生後1歳6ヶ月 子どもの成長 2歳前後~3歳|生後1歳6ヶ月 子どもの成長
1歳2ヶ月~1歳6ヶ月頃
前歯が生えそろうと、手前の奥歯(第1臼歯)が出てきます。
1歳4ヶ月~1歳9ヶ月頃
前歯と奥歯の間に犬歯が生えてきます。
2歳前後~3歳
この頃までにいちばん奥の奥歯(第2臼歯)が出て、全部で20本生えそろいます。
手先の運動能力も発達し、スプーンを使って自分で食べ物が口に運べるようになったり、コップでこぼさずに水を飲めるようになってきます

細かい動きができるように

手先の運動能力も発達し、スプーンを使って自分で食べ物が口に運べるようになったり、コップでこぼさずに水を飲めるようになってきます。 歩き方もフラフラとしていた最初の頃に比べて、ずいぶん安定してきて、危なげなようすが減ってきます。もし転んだとしても、とっさに両手をつくこともできるようになります。

自分でやりたい、でもできないのジレンマ

自己主張がはっきりとし、自分でやりたがりますが、まだ運動機能が追いつかず…ということが多々出てきます。 そこでかんしゃくを起こすこともしばしばでしょう。ママの方もついかっとなることもあると思いますが、子どものやりたいのにくやしい、という気持ちをわかってあげて。 やれていることを大いにほめてあげ、やろうとした気持ちを「自分で食べたかったんだね〜よくがんばってるね〜」と認めてあげることが、この時期に大切なことです。 自分の気持ちをわかってくれる、わかろうとしてくれている人が身近にいることが、子どもにとって、とても安心できることなのです。

1歳6ヶ月の成長記録の投稿

  • 令和元年5月1日めでたい日に生まれました!

  • 昼寝の光景です。

  • 産まれてまもない女の子のベビーです!
    私がまだ手術中なので、主人が撮ってくれましたー

  • シカが何か欲しそうに娘を見つめてた時、娘は周りから葉っぱを次々と拾ってきては、シカに「はい!」と渡していました。シカも美味しそうにモグモグ…
    しばらくの間、ずっとこのやり取りが続いて、私も微笑ましくシカと娘を見つめてていました。が

powerd by babycome