【水に浮かぶ】フローティングの基本 妊婦水中運動

フローティング 妊婦水中運動
Now Exercise!

フローティング

A.エクササイズでからだが温まったら、水に浮かびます。これがフローティングです。スクールで浮き具を使いペアで行う背浮きのフローティングは、呼吸法と合わせて行います。息をゆっくり吐きながら、水の流れに身を任せてぽっかり浮かぶととてもいい気持ちです! 「1/f(エフ分の1)の揺らぎ」を感じ、リラックス効果満点で気持ちがゆったりし、血流も良くなります。

B.浮き具を使わない伏し浮きのフローティングでは、浮いた後立ち上がる時にだるま浮き(ひざを抱えて背中を丸くする)を行います。腰痛予防改善にも役立ちます。妊婦さんは大きなおなかを支えるために、日常的にからだを反らせてバランスを取っています。水中でからだを丸めると、背筋がストレッチされて、とても気持ちがいいのです。

浮くのが怖い人は立ち方の練習から行います。プールサイドを持って浮き、立つ時は両ひざを曲げて胸に近づけるようにすると楽に立つことができます。背浮きの時も同じ様に両ひざを曲げて立ちます。立ち方をマスターすると浮くことが怖くなくなります。あなたもスクールで無重力の世界を体感して下さい。

powerd by babycome