リサーチ

妊活中のセックスについて

VOL.221 2017年1月13日(金)~1月20日(金) 有効サンプル数 65

回数が増える?それとも義務的に?

晩婚化で出産年齢が上昇し、不妊症に悩むカップルが増えています。妊娠するためにさまざまな知識を身につけ、からだ作りや体調管理をする「妊活」という言葉も、一般的に使われるようになりました。 今回のベビカムリサーチは、妊活中の性生活が普段と比べてどのように変化したのかについてお伺いしました。

アンケートここに注目!妊活中のセックスに満足しているのは約3割

パートナーのセックスへの態度は変わらない人が多い

Q(妊活中の人にお聞きします)医療施設で不妊治療を受けていますか?

「妊活中のセックス」について

「はい」と答えた人は16.9%、「いいえ」と答えた人は83.1%でした。今回回答いただいたベビカムユーザーのうち、約6人に1人が治療を受けていました。 Q妊娠を希望するようになってから、パートナーのセックスに対する態度に変化はありましたか?

「妊活中のセックス」について

「はい」と答えた人が35.4%、「いいえ」と答えた人は64.6%で、変わらない人の方が多いことがわかりました。

Q「はい」と答えた方にお伺いします。どれにあてはまりますか? 一番近いものを選んでください。

「妊活中のセックス」について

最も多かったのは、「より求めるようになった」と「義務的になった」で、30.4%でした。続いて「排卵日周辺だけ求めるようになった」が17.4%で、「義務的になった」と合わせると約半数が子どもを作るためのセックスになったと感じているようです。

Q妊娠を希望するようになってから、あなたのセックスに対する態度に変化はありましたか?

「妊活中のセックス」について

「はい」と答えた人は46.2%、「いいえ」と答えた人は53.8%で、変化した人としなかった人はほぼ半々でした。

Q「はい」と答えた方にお伺いします。どれにあてはまりますか? 一番近いものを選んでください。

「妊活中のセックス」について

最も多かったのは「排卵日周辺だけ求めるようになった」で、40%でした。「義務的になった」と合わせると、6割以上の人が子作りのためのセックスになったと感じていることが分かりました。

妊活中のセックスに満足しているのは約3割

Q妊活中のセックスに対する満足度を以下からお選びください。

「妊活中のセックス」について

最も多かったのは、「どちらでもない」で40%でした。「満足」、「どちらかといえば満足」の合計と、「不満」、「どちらかといえば不満」の合計は、どちらも約3割でした。

妊活中のセックスに対する具体的な意見を伺ってみると、満足している人は「夫婦で話し合って良いコミュニケーションが取れていると思うから」(24歳 兵庫県 しんまなれんさん)のようにお互いの気持ちが通じ合っているという回答が多く見られました。逆に「不満」という人からは「どうしても子作りのためのセックスになってしまう。どうにかしたいが、上の子の育児で疲れているため必要以上にしたいとは思わない」(32歳 大阪府 きのこっちさん)のように、義務的になったためという声が寄せられました。

ママの声

  • 【満足】以前と比べて子どもが欲しいという気持ちが二人同じになったから。(31歳 岐阜県 くまきちさん)
  • 【満足】子どものことでいっぱいいっぱいなのを理解してくれるから。(43歳 神奈川県 フォーマムさん)
  • 【満足】がんばってくれているのが伝わるから。(29歳 兵庫県 いちごさん)
  • 【どちらでもない】特に変化はないから。(26歳 東京都 ふゆままさん)
  • 【どちらでもない】集中できないので楽しめない。タイミングが取りにくい。(39歳 宮城県 みーさん)
  • 【どちらでもない】妊活中といっても、2人目も凍結胚を移植で妊娠を目指しているので、特に必要ない。(38歳 滋賀県 けいけいさん)
  • 【どちらかといえば不満】できにくいのに回数が少ないから。(24歳 大阪府 ともみんさん)
  • 【どちらかといえば不満】産後のセックスレスがあったため、相手が消極的になってしまった。(28歳 東京都 キャスさん)
  • 【不満】子作りだけを目的とした淡々としたセックスしかしていない。(39歳 愛知県 まぼまぼさん)
編集部まとめ

妊活中でもセックスに対する態度は、パートナー、本人とも変わらないという回答が過半数でした。ただし、変化があった人のなかからは、セックスが子作りのためのものになり、義務的になったという声も寄せられました。

妊活中の調査と、妊娠中、産後のセックスに関する調査で共通していたのは、セックスに対する満足度の高い人は、パートナーとのコミュニケーションが取れていて、お互いのことを理解し合えている人が多いという傾向でした。妊活中は普段よりもストレスやプレッシャーが大きくなりがち。パートナーとコミュニケーションやスキンシップを上手にとって、妊活をきっかけに夫婦の絆がさらに深まるようにしたいですね。

powerd by babycome