>
> どこに行く?

赤ちゃんと一緒に楽しい旅行計画「行く場所はどこ?」

毎日育児や家事に忙しいママ。「たまにはリフレッシュしたーい」「どこかに旅行でも…」って思っていませんか? 行き先や日程にかかわらず、旅行って予定をアレコレ考えるだけで楽しいですよね。でも赤ちゃんも一緒となると不安なことがいろいろ。そんなママたちのために、旅行をエンジョイするためのヒントをまとめてみました。ここでは行き先選びのちょっとしたコツを紹介しています。

行く場所はどこ? 目次

おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に!

祖父母との3世代旅行を計画してみてはいかがですか? スポンサー&子守り付きで、いつもより少しリッチなところに行けるかもしれませんよ。おじいちゃん・おばあちゃんも孫と旅行ができて親密な時間が過ごせる、という喜びがいっぱいです。

赤ちゃんと行く旅行には不自由な一面もあります。お座りできない赤ちゃんは常に抱っこしていないといけないので、ママは温泉での脱衣すら一苦労。でもそんなときにおばあちゃんが一緒だったら、何かと助かりますよね。3世代旅行はいいことづくめ!

おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に!

仲良しのママ友だけで行く!

赤ちゃんと一緒の旅行もいいけれど、「久しぶりに子ども抜き、夫抜きの旅行がしたい」…。これは、育児に毎日てんやわんやのママの本音かもしれません。たまには、パパや祖父母に協力してもらい、“ママ友だけで1泊旅行”を企画してみてはいかがでしょうか? 旅先でも家のことが気になるのが子育て中の母かもしれませんが、赤ちゃんに気を取られることなく、自分のことだけやっていればいい気楽さと開放感を満喫すれば、リフレッシュして、また頑張るパワーがわいてくるはずです。

仲良しのママ友だけで行く!

宿泊施設選び

生後4ヶ月ごろまでのねんね期はベッドでもいいですが、ハイハイし始めた7ヶ月以降の目が離せない赤ちゃんには和室が使いやすいでしょう。お部屋食ならばなおよし。

宿泊先選びのポイントの1つに“赤ちゃん歓迎”を打ち出しているかどうかがあります。ミルク用のお湯や消毒グッズ、離乳食の用意があるなど、その快適さを実感できるはず。そのほかには、「夜泣きの声がもれにくいホテルを選ぶ」「階下に迷惑をかけぬよう1階のお部屋を取る」のもオススメ。最初に赤ちゃん連れであることを伝える、旅館なら最初に心づけを渡しておくといいかもしれません。

まわりへの配慮を忘れないことが楽しい旅行を成功させる秘訣といえますね!

powerd by babycome