>
>
> 費用は?成功率は?人工授精の基礎知識
費用は?成功率は?人工授精の基礎知識

費用は?成功率は?人工授精の基礎知識

妊活や高齢出産が話題になることも多い、今日このごろ。「赤ちゃんを授かりたい!」と積極的に不妊治療を受けるカップルも少しずつ増えています。でも、気にはなっていても、その具体的な治療内容や費用などは、人に聞きにくいもの。今回は、不妊治療の方法の一つとして行われている「人工授精」について、ご紹介します。


不妊治療で、人工授精が選ばれる時は?

不妊治療で、人工授精が選ばれる時は?

不妊治療で人工授精を始めるケースは、夫の精子数や活動量に問題があったり、精子の活動を阻害する抗体が女性側にある状態(抗精子抗体陽性)、EDなど何らかの理由で性交が難しい場合に、治療法の一つとして選ばれています。

また、不妊治療の一つである「タイミング法」(排卵日を特定して夫婦生活を持つ)がうまくいかない場合に、人工授精にステップアップすることがあります。女性が妊娠できる期間は、一般的に排卵日を含む5日間と言われます。タイミング法だけでは難しい妊娠のチャンスが、人工授精によって広がります。

一般的な人工授精の場合、35歳以上の方は4ヶ月、35歳以下の方であれば6ヶ月程度を治療期間の目安にして考えることが多いようです。
病院や医師によって方針が違うので、少しでも不安に思う点があれば相談しましょう。



人工授精の治療方法と気になる費用

人工授精の治療方法と気になる費用

人工授精には、夫の精子を使って行う配偶者間人工授精(AIH)と、夫以外の精子を使って行う非配偶者間人工授精(AID)の2種類があります。AIDは、これ以外の医療行為では妊娠の可能性がない場合の選択肢です。原則としてパートナーが無精子症であることがその対象となります。

人工授精(AIH)は、夫から採取した精液を、排卵日に合わせて子宮や卵管内の受精しやすいところに直接注入して、受精確率を上げる治療法です。「人工」という名前で誤解されがちですが、女性の体内で精子が卵子に出会う手助けを人の手で行うだけなので、その後の経過は自然妊娠とほぼ変わりません。

治療の流れは、排卵日近くになったら頻繁に病院に行って卵胞の計測を行い、卵胞が排卵するのに十分な大きさになったら、多くの場合、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンの注射を行います。注射を行った翌日、病院に来る直前にパートナーの精液をとって病院に持って行き、人工授精に臨みます。
最近では、精子を遠心分離等の方法で選別して、優良な精子だけを注入する方法が一般的です。

高額な費用が長期間続くイメージが強い不妊治療…、診療費も気になりますね。
不妊治療の第一段階である「診察・検査」は、健康保険診療なので合わせて約2,000~3,000円ほどで収まる場合が多いようですが、人工授精の「治療」に入ると健康保険診療外になります。
人工授精は一回につき1~3万円ほどかかります。

最近では、自治体からの不妊治療助成金を利用できる場合もあるので、区役所などの窓口で確認しておくと、心強いですね。



体外受精との違いは? 人工授精の妊娠率とチェックポイント

体外受精との違いは? 人工授精の妊娠率とチェックポイント

女性の体内で受精を試みる人工授精とは違い、体外受精は、卵巣から卵子を体外に取り出して男性の精子と受精させ、細胞分裂(分割)を確認後に女性の体内に戻すという治療法です。
精子の状態や女性の卵管・卵巣機能に問題があったり、子宮内膜症などの病気のため自然妊娠が難しい場合などに行われています。

体内で受精を自然に任せる人工授精に比べると、受精卵を体内に戻す体外受精の妊娠の確率は上がります。
施設によって違いはありますが、人工授精の妊娠率は約10~20%程度、体外受精では20~40%程度と言われています。

また、人工授精の治療では、妊娠率を上げるために、排卵誘発剤や過排卵刺激法(一度に複数の卵胞を育てる方法)を併用する場合があります。
この方法では、多胎児妊娠や母体への副作用のリスクが高まるため、注意が必要です。

不妊治療は、精神的・金銭的にも負担がかかる場合が多く、配偶者とのコミュニケーションやお互いの価値観が大切な治療です。治療方法も、体調や検査結果によって選択肢がさまざまに変化します。
赤ちゃんを授かる日まで、夫や医師としっかり相談しながら、落ち着いた気持ちで治療を進められるとよいですね。



関連ベビカムリンク:お役立ち情報


関連Q&A:医師や専門家のアドバイス


関連ベビカムまとめ

関連ブログ:ママたちのブログをチェック!

関連コミュニティ:ママたちの投稿

powerd by babycome