>
>
> 絵本を読む習慣を! 情緒を育む読み聞かせ

絵本を読む習慣を!
情緒を育む読み聞かせ

4月2日は『アンデルセン童話』で有名なアンデルセンの誕生日。「国際子どもの本の日」でもあるこの日の前後2週間、3月27日~4月9日は『絵本週間』と呼ばれ、もっとたくさんの絵本文化に親しんでもらおう、という取り組みが各所で行われています。


親子で絵本に親しもう!

絵本を読み聞かせることは、子どもの情緒を育てる上でとても大切。日々の読み聞かせで実感されている人も多いのではないでしょうか。
絵本の世界には子どもがまだ知らない、楽しみ・喜び・悲しみ・苦しみ・怒り・疑問…などのさまざまな感情があります。

読み聞かせのよいところは、その絵本の世界に親子で飛び込むことでたくさんの疑似体験ができるところ。
それによって、相手の気持ちを考える『他人を思いやり共感する心』、語られなかった部分を考える『想像する心』、お話のあとはどうなったんだろうと考える『もっと知りたいという心』など、たくさんの心が育っていきます。
また絵本を親子で読むことで、感想を共有できる喜びも。他にも親の読み聞かせに耳を傾ける『集中力』や、いろいろな言葉を聞くことで『話す力』も育ちます。

この期間にぜひたくさんの絵本を親子で読んで、子どもの持つ力や心を育みましょう!



子どもに合った絵本の選び方って?

絵本は子どもの成長に合わせて選ぶのがポイント。

乳幼児が好む絵本には
・はっきりとした色
・同じリズムで、短い言葉が繰り返される
・丸や四角、三角などの単純でわかりやすい絵柄

という3点の特徴があげられます。
言葉や物語で楽しむというより、目と耳で楽しめるものが良いでしょう。初めて絵本を読み聞かせる場合は、この3つに着目して絵本を選んでみてください。

また昔から現代まで変わらず愛されている本には、子どもの心のつかむ何かがあります。自分の親に子どもの頃どんな本を読んでくれたのかを聞いてみるのも絵本えらびのひとつの方法。
その本を自分の子どもに読んであげるのもおすすめです。

また、歯磨きやトイレトレーニングなどの生活習慣を覚えてほしいときにも役立つ絵本がたくさんあります。
関連する絵本を読み聞かせることで、子どもも楽しく興味をもってくれますよ。



読み聞かせの時間をより充実したものにするために! 読み聞かせのコツ

絵本を通じて子どもの情緒を育てるには、読み聞かせのコツがあります。

・毎日読む
毎朝または毎晩など、習慣づけることで子どもに読書の習慣が身に付きます。

・触れ合って読む
膝の上に乗せたり、ぴったりと寄り添うなどスキンシップをしながら読みきかせてみましょう。
子どもに安心感を与えることができますし、子どもの温かさを感じて親もホッとやさしい気持ちになれます。

・抑揚をつけて読む
絵本の場面に合わせて声を大きくしたり、小さくしたり、セリフに感情を込めてみましょう。
声色をかえたり、抑揚に変化をつけて読むことで子どもは耳からも絵本を楽しむことができます。

・絵をじっくりと見せる
絵本は絵がメインです。文字だけを追って、読み聞かせているとついついページをめくるスピードが速くなりがち。
大人がゆっくりと感じるペースが、子どもにはちょうどよいのです。

・絵を指さしながら読み聞かせる
登場する人物や物の絵を指さしながら読み聞かせることで、「ゾウってこれなんだ」「これはお花なんだ」と、子どもの中で語いがどんどんと増えていきます。
また、言葉の理解度が深まり、表現する力も身についていきます。

・いろいろな種類の本を選ぶ
かたよった種類や絵柄の本だけではなく、いろいろな絵本を読み聞かせてあげましょう。
今まで知らなかった子どもの笑いのツボがあったりと、新しい発見ができますよ。

これらのことに気をつけて読み聞かせをすることで、充実した時間になること間違いなしです。ぜひお試し下さい。



知っておくと楽しい!
絵本に関するサービス

絵本に関するサービスは全国に多く存在します。 その中でもオススメなものをご紹介します。

・ブックスタート
自治体が行う、0歳児健診の時などに絵本のプレゼントや親子の絵本体験を実施するなど、絵本を通したふれあいの時間を増やすための活動です。現在日本の1742の市区町村のうち、866の市区町村が行っています。
親子ともに絵本への関心が深まる取り組みですね。ぜひおすまいの地域で行っているか確認してみましょう。
絵本のプレゼントがなくても、図書館でも同様のサービスを行っているところも多くあります。絵本えらびに迷ったときはぜひ利用してみて下さい。

・定期購読サービス
絵本の専門店が購読者の希望や年齢に合った絵本を厳選し、定期的に届けてくれるサービスです。
「どんな絵本を選んでいいのかわからない」「選ぶ絵本の種類がかたよりがち」「絵本を読む習慣をつけたい」という方にオススメのサービスです。
このサービスを行っている会社は複数あるため、コース内容や絵本の種類、金額や会員特典などの違いをまずは比較して、その中からお子さんに合ったものを探してみては?

・オリジナル絵本製作サービス
世界に一つしかないオリジナルの絵本の製作をしてくれるサービスです。
絵本の文章に子どもの名前や子どものお友だちの名前を入れることができるなど、子どもに「自分が登場人物になった!」という喜びを味わってもらうことができます。誕生日やクリスマスプレゼントなど、大切な記念日に贈りたいですね。



続きをよむ

関連ベビカムリンク:お役立ち情報

生後2歳7ヶ月「コミュニケーション」


関連Q&A:医師や専門家のアドバイス


関連ベビカムまとめ

関連ブログ:ママたちのブログをチェック!

関連コミュニティ:ママたちの投稿

powerd by babycome