>
>
> 卒乳or断乳? おっぱい・ミルクをやめるとき
卒乳or断乳? おっぱい・ミルクをやめるとき

卒乳or断乳? おっぱい・ミルクをやめるとき

赤ちゃんの成長は早いもの。離乳食が進み、かわいい乳歯が生えてくると、おっぱいやミルクを卒業しなければ…と気になるママも多いのでは? ママと赤ちゃん両方に大切な卒乳・断乳について考えます。


卒乳と断乳の違いは? ママと赤ちゃんの気持ち

卒乳と断乳の違いは? ママと赤ちゃんの気持ち

卒乳・断乳は両方とも「赤ちゃんがおっぱいやミルクから卒業すること」です。ただ、そのニュアンスには微妙な違いが…。卒乳はおっぱいやミルクを飲むことを、赤ちゃんが自ら必要としなくなること。断乳はママの働きかけでおっぱいやミルクを飲むことをやめること、と考えられていることが多いようです。

昔は1歳を過ぎて、離乳食の進み方に不安がなければ断乳を勧められていました。最近では、赤ちゃんに無理をさせず、自然に任せる卒乳を選ぶママも増えているようです。

また、次の妊娠を望んでいるかたは、母乳を飲ませている間は、ホルモンの関係上、排卵が起きにくいということも知っておきましょう。



母乳とミルクで違う…卒乳・断乳の心得

母乳とミルクで違う…卒乳・断乳の心得

母乳の場合は、おっぱいを心の支えにしているお子さんも多いもの。特に、寝かしつける時のおっぱいをやめるのは、お子さんもママもつらいですね。お子さんといっしょに、納得のできる方法を試してみましょう。

また、一番注意したいのは、おっぱいの栄養です。成長するにつれ、鉄分など、母乳だけでは補いきれなくなる栄養素が出てきます。栄養は離乳食からしっかり摂りながら、無理なくやめられるタイミングを考えられると良いですね。

ミルクの場合は、哺乳瓶を卒業する時期に要注意! 1才半を過ぎて哺乳瓶でミルクを飲んでいると虫歯になりやすいといわれています。



こんな時、どうしたら? 断乳の悩み

こんな時、どうしたら? 断乳の悩み

断乳時に一番悩むことは、おっぱいや哺乳瓶から卒業させる方法です。お子さんは、生まれてからずっといっしょだったものから離れていく不安でいっぱい! 急に進めるのではなく、お子さんにしっかり言葉をかけて導いてあげられるとよいですね。

新しいコップやかわいい食器などをプレゼントして「赤ちゃんから卒業しようね」とお話ししてあげるのもオススメです。

寝る時のおっぱいがやめられない場合は、安心して眠りに入る習慣、いわゆる「入眠儀式」を設けるとスムーズに眠れることも。歌を歌ったり、手を握ったりしながら、ゆったりと見守ってあげたいですね。



乳腺炎に要注意! 卒乳・断乳時のおっぱいケア

乳腺炎に要注意! 卒乳・断乳時のおっぱいケア

母乳のトラブルで気を付けたいのが、乳腺炎です。特に、卒乳・断乳時は乳腺炎になるリスクが高い時期。今まで出ていた母乳を急にやめてしまうと、乳管や乳腺が詰まり、乳腺炎になってしまいます。徐々に授乳回数を減らしながら搾乳し、搾乳の間隔を少しずつ延ばしていく方法が一般的のようです。

最終的に、搾乳間隔が一週間くらいになれば自然に母乳がストップします。おっぱいのためにも、母乳はなるべく出し切ってやめた方が良いと言われています。症状が心配な場合は、母乳外来などの医療機関に相談しましょう。断乳マッサージのケアをしてくれる所もあるので、安心ですね。



ベビカムリサーチ! 「卒乳・断乳」

ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第189回として、「卒乳・断乳」についてのアンケートを実施(2014年10月)。既にお子さんに母乳を与えていない方のうち、「断乳」した方が62%、「卒乳」した方が33%です。

リサーチ内容は次の6項目。気になる方は詳細をぜひチェックしてくださいね。

ベビカムリサーチ

・母乳育児とミルク育児のどちらですか?

・お子さんに、現在母乳を与えていますか?

・お子さんへ、いつまで母乳を与えていましたか?

・お子さんへの授乳の終了は、卒乳、断乳のどちらですか?

・断乳した理由は?

・断乳の方法は?


みんな気になる! 卒乳・断乳エピソード

みんな気になる! 卒乳・断乳エピソード

ウィークリーリサーチ第189回、「卒乳・断乳」アンケートには、本当にたくさんのママたちからご投稿をいただきました! そのなかから、ごく一部ですが、体験談やアドバイスをご紹介します。(コメントは一部割愛しています)

<みんなの断乳・卒乳体験談>

・お風呂の攻防戦?が大変でした。隙を見せると飲もうとするので、シャンプーやボディソープなどの泡を使って おっぱいを隠しました!
・夜の寝かしつけにベビーマッサージを取り入れてみました。しばらく続けていると、マッサージだけで寝てくれるようになり、朝までグッスリ眠ってくれるようになりました。
・なかなか寝ない我が子にかかと落としされたり、馬乗りされたり、おっぱいの代償は旦那に向けられていたので、旦那の協力なしじゃおっぱい卒業できなかったな~と思いました。

<断乳・卒乳目指して現在進行形!>

・自然卒乳を目指しています。2歳になり、言葉を話せるようになって「おっぱいおいしい」「おっぱいだいすき」という我が子が可愛く思えてきます。身体がきつい時もあるけど、もう少し頑張ろうと思います。
・上の子が未だに卒乳できず、下の子の分のおっぱいを飲んでしまいます。
・3歳を過ぎた今もほしがります。最近になって外で欲しがることはしなくなったので、ちょっとは卒乳に近づいていると思います。

<先輩ママからのアドバイス>

・次の子の妊娠の経過によっては、急に授乳をやめなくてはいけないということもあり得るので、二人目を考えるなら早めにやめたほうが子どもも楽だと思う!
・断乳の「失敗」は自分が心の底でおっぱいをあげたいと思っているということで、失敗ではないと思います。寂しいとか栄養面で心配とかいう気持ちを乗り越えて、親子で別の絆を目指す心意気がすべてだと思います。

いかがでしたか?
このほかにも、失敗談や、具体的な体験談がたくさん寄せられた今回のリサーチ。
現在授乳中のママや、断乳・卒乳に悪戦苦闘中のママはぜひ参考にしてみてくださいね!



続きをよむ

関連ベビカムリンク:お役立ち情報


関連Q&A:医師や専門家のアドバイス


関連ベビカムまとめ

関連ブログ:ママたちのブログをチェック!

関連コミュニティ:ママたちの投稿

powerd by babycome