>
>
> 離乳食、はじめの一歩「ゴックン期」のお悩み解決!
離乳食、はじめの一歩 「ゴックン期」のお悩み解決!

離乳食、はじめの一歩「ゴックン期」のお悩み解決!

母乳やミルクなどを「飲む」ことから、食べものを「食べる」ことへステップアップする離乳食は、ママにとってあらためて『食』について考えるきっかけになることも。離乳初期の「ゴックン期」を楽しくスタートさせるコツをご紹介します。


離乳食、いつから始めたらいい? 始めるときのポイントは?

離乳食、いつから始めたらいい? 始めるときのポイントは?

赤ちゃんの離乳食は、一般的に5ヶ月~6ヶ月から開始するよう指導されますが、最初のひと口をあげるときは、ドキドキしますね!


開始するための、赤ちゃんの成長の目安として
・首がしっかりすわっている
・よだれが増える
・親が支えたり、ベビーチェアであれば座ることができる
・親が食べている姿をみて、興味を示す
・スプーンを口にいれたとき、あまり舌で押し返さない
というようすが見られることが挙げられています。
これらの項目にあてはまれば、赤ちゃんにとっても、離乳食スタートのタイミングといえそうです。

時期が来ると焦ってしまうかもしれませんが、必ずしも早く始めればよいということはありません。成長には個人差がありますので、赤ちゃんのペースをみて判断しましょう。

乳幼児健診などで、離乳食の進み方について質問されることもあるでしょう。また、6ヶ月半ばをすぎたら開始するべきと指導される場合もあるかもしれません。
悩んだ場合は、お住まいの自治体の保健師さんや、かかりつけの医師に相談してみましょう。



最初は何からあげればいい?

最初は何からあげればいい?

最初の離乳食は1日1回、決まった時間に与えるようにすることが理想です。
食後に母乳・ミルクを与えるようにします。

食材はアレルギーの心配の少ない米(10倍がゆ)を、まずは1さじからはじめ、2~3日に1さじの割合で、少しずつ増やしていきます。食後は下痢や発疹がでていないかなどをチェックします。

3~4さじまで量を増やしたら、今度はやわらかく煮てすりつぶした野菜や果物などをまた1種類・1さじから試します。

離乳食開始から1ヶ月ほどすぎ、赤ちゃんが慣れてきたら、白身魚や豆腐などのたんぱく質も試してみては?
硬さは初めはなめらかで液体に近いポタージュ状、慣れてきたら少しとろみのあるヨーグルト状へと移行させていきましょう。



離乳食初期の気をつけたいポイント&よくあるお悩み

離乳食初期の気をつけたいポイント&よくあるお悩み

離乳食を進める上で、アレルギーが心配…という方も多いかもしれません。
食物アレルギーは、原因となる食べ物を食べた後に、発疹や唇のはれ、下痢・嘔吐、呼吸器症状などがあらわれるものです。重い場合はアナフィラキシーショックといって、急激に、皮膚症状や呼吸困難など複数の症状があらわれ、心機能の低下など、命に関わる状態に陥る場合もあります。

まだどのようなアレルギーがあるかわからない赤ちゃんの場合、初めての食材は必ず1さじから、小児科の開いている時間に与えるようにし、何かあったときにすぐ対処できるようにすることが大切です。
「もしかしてアレルギー反応かな?」と思うことがあれば、小児科を受診して医師の指示を仰ぎましょう。

また、おじいちゃんおばあちゃんの時代は、離乳食を始める前の2ヶ月ごろから果汁を与えることが推奨されていました。その頃は、母乳やミルク以外の味に慣れさせる必要があると考えられており、また粉ミルクの栄養不足を補うという目的もあったのです。
しかし現在の粉ミルクは、限りなく母乳に近い成分になっており、栄養の不足は心配ありませんし、逆に母乳やミルクを飲まなくなり、栄養のバランスが崩れる可能性があると考えられています。
さらに肥満やアレルギーなどの心配から、アメリカ小児科学会では「6ヶ月前には果汁を与えてはいけない」と勧告されています。日本でも、「栄養的に特に与える必要はない」という見解が、厚生労働省から出されました。
もし「果汁を与えなさい」とおばあちゃんおじいちゃんから言われたら、「現在は違う」ということを説明してあげてください。

離乳食開始時は、なかなか食べてくれない赤ちゃんも多く、悩んでしまうママが多いでしょう。
しかし離乳食初期は食べ物から栄養をとることではなく、母乳・ミルク以外の食べものに徐々に慣れ、スプーンで与えられた離乳食を、うまく飲み込むことが大きな目的。焦らず、赤ちゃんのペースに合わせて進めていきましょう。

また食事の時間は毎日一定の時間、母乳・ミルクの前に与えることが理想ですが、赤ちゃんとの生活は、なかなか思い通りにいかないもの。時間が不規則になったり、母乳やミルクを先にほしがったりということもよくあります。
だんだんリズムができてくるので、あまり神経質にならずに、「食事って楽しい!」と赤ちゃんに感じてもらえるような、リラックスした雰囲気を心がけてくださいね。



ベビカムリサーチ! 「赤ちゃんの初期の離乳食について」

ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第182回として、赤ちゃんの「初期の離乳食」についてのアンケートを実施(2014年7月)。「離乳初期の悩みや心配ごと」についてお聞きしたところ、「どのぐらいの量を食べさせたら良いのかわからない」が49%、「アレルギーが心配」が44%、「準備・調理が大変」が37%でした。

リサーチ内容は次の5項目。気になる方は詳細をぜひチェックしてくださいね。

ベビカムリサーチ

・離乳食を開始した時期は?

・初めての離乳食では、何を食べさせましたか?

・離乳初期に、市販のベビーフードを利用しましたか?

・どんなときに市販のベビーフードを利用しましたか?

・離乳初期の悩みや心配は


続きをよむ

関連ベビカムリンク:お役立ち情報


関連Q&A:医師や専門家のアドバイス


関連ベビカムまとめ

関連ブログ:ママたちのブログをチェック!

関連コミュニティ:ママたちの投稿

powerd by babycome