頭蓋内出血 ずがいないしゅっけつ

難産や鉗子分娩のとき、頭蓋骨が圧迫されて内部で出血がおこることがあります。出血がおこった場所によって、硬膜下出血、帽状腱膜下出血、クモ膜下出血などに分けられます。また、難産のために脳に供給される酸素が不足した場合や、早産児の場合は脳室内で出血がおこ る場合もあります。赤ちゃんはぐったりして、発熱、嘔吐や手足のふるえが出たり 、けいれんをおこし、大泉門がパンパンにはれます。多くの場合は、入院して経過観 察が必要となります。出血の程度に応じて穿刺(針を刺す)や手術によって血液を取り除くこともあります。頭蓋内出血をおこすと、その後の赤ちゃんの成長が心配ですが、赤ちゃんの脳はまだ未分化な部分がたくさんあり、いわば成長途上です。 そのため、頭蓋内出血により脳の一部に損傷を受けたとしても、その後の脳細胞の成長、増加によって、後遺症をほとんど残さずにすむことも期待できます。万一、後遺症が残っても、早い時期からリハビリをしていくことによって赤ちゃんの可能性を広げていくことができます。

powerd by babycome