乳児肝炎 にゅうじかんえん

生後2ヶ月ごろまでの小さな赤ちゃんに多く、主としてウイルスの感染で肝臓が炎症をおこし、肝機能が低下して強い黄疸が出ます。顔や肌の色は黒味をおびた黄土色になり、尿は褐色に近くなります。一方、便は白くなってきます。

powerd by babycome