嚥下性肺炎 えんかせいはいえん

通常、口から飲みこんだものは気管のほうに入らないしくみになっていますが、食べた物や、赤ちゃんが口に入れた小さな異物などがたまたま気管に入り、気管支から肺まで入ってしまうと、肺炎をおこすことがあります。かぜの症状もないのに、急に激しくせきこみ、いつまでもおかしなせきをしたり、顔色が悪くなったときは要注意です。レントゲンで肺炎の原因をつきとめることができたら、気管支内視鏡を使って異物を取り除き、炎症をおさえる治療をします。

powerd by babycome