亀頭包皮炎 きとうほうひえん

男の赤ちゃんのおちんちんは、亀頭に包皮がかぶさっている仮性包茎の状態がふつうです。そのため、亀頭と包皮のあいだに尿やあかがたまりやすく、細菌がついて炎症をおこすことがあります。自分でおしっこをするようになると、汚れた手でさわることが原因ともなります。おちんちんの先が赤くはれて、おしっこをするときに痛がります。ひどくなると化膿して、膿が出ることもあります。立っておしっこをする幼児では、痛みのためにまっすぐに出なくなるでしょう。

powerd by babycome