地図状舌 ちずじょうぜつ

舌の表面をおおっている白い舌苔の一部がはげおちて、赤い部分と白い部分がまじって、まるで地図のように見えます。見た目はひどいのですが、病気ではありません。舌の表面にある組織が新陳代謝をして、脱落しているのです。目立つ子と目立たない子がいますが、小学校に上がるころには見えなくなるので心配いりません。ただし、舌苔の脱落が激しく、食べ物がしみて食欲がなくなるときは、耳鼻科で塗り薬などをもらうとよいでしょう。

powerd by babycome