鵞口瘡 がこうそう

1歳未満の赤ちゃんによく見られる病気で、ほおの内側の粘膜や唇の裏、舌にミルクかすのような白いコケ状の斑点がいくつもできます。白色ガンジダ菌というカビの一種が繁殖したものです。この菌は、ごく身近にいる菌で、ふだんは指や哺乳びんなどから感染しても平気ですが、病気で抵抗力が落ちたときや、抗生物質を長いあいだ使ったときなど急に繁殖することがあります。食欲や元気がふだんと変わらなければ、特別な治療は必要ありません。ただし、広い範囲に広がって食欲が落ちたり、痛がったりするときは、小児科か耳鼻科を受診してください。抗真菌剤を塗ると、1週間ぐらいで治ります。

powerd by babycome