小耳症 しょうじしょう

耳介をつくっている軟骨が胎児のときに充分に形成されなかったために、耳全体が小さい形態異常です。耳全体が小さくても、聴力に問題がなければ治療の必要はありません。ただし、軟骨がまったくないために外耳道閉鎖がおこっている場合は耳が聞こえないため、鼓膜形成手術などがおこなわれます。見上、耳介を大きくしたいときは、小学校に上がる前に形成外科で治療を受けてもよいでしょう。

powerd by babycome