急性中耳炎 きゅうせいちゅうじえん

赤ちゃんや子どもの中耳炎はほとんどの場合、かぜやはしかなどの感染症の合併症としておこります。赤ちゃんの耳管は短く、水平になっているため、のどや鼻で繁殖したウイルスや細菌が耳管を通って鼓膜や中耳腔にまで広がりやすいのです。つまり、かぜのウイルスによっても中耳炎がおこるのです。風呂やプールなどで耳に水が入ったことが原因で中耳炎になることはありません。水は、外耳道の奥の鼓膜で止まり、中耳の中には入らないからです。発熱と耳の痛みがありますが、言葉が話せない赤ちゃんは耳が痛いことを伝えられません。そこで、赤ちゃんの病状やしぐさから、中耳炎かどうか知る必要があります。

powerd by babycome