>
>
> 頭蓋骨早期癒合症(狭頭症)

頭蓋骨早期癒合症(狭頭症) ずがいこつそうきゆごうしょう(きょうとうしょう)

頭蓋骨が通常よりも早くくっついてしまい、脳が圧迫され、正常な成長ができません。頭が小さいだけでなく、形もいびつになります。脳が充分に大きくなれないために、知的発達や運動機能に遅れが出てきます。赤ちゃんのころはおすわりやハイハイができても、1歳を過ぎても歩かない、言葉が理解できない、意味のある言葉を話さないなどの症状があらわれます。頭囲が平均値と比べてマイナス2SD以下で、発達も遅れがちなときは、大きな病院の小児科で相談してください。

powerd by babycome