水頭症 すいとうしょう

頭の中では髄液(脳脊髄液)という液体がつねに循環しています。この髄液の流れが停滞して、頭蓋骨の中にたまってしまい、頭が異常に大きくなる病気です。細菌性髄膜炎の後遺症、脳腫瘍、ケガ、脳の先天性奇形などが主な原因となります。生後まもない赤ちゃんは、大泉門がまだ閉じていないため、髄液が過剰にたまると、頭が大きくふくらんできます。体の成長に対して頭だけが急に大きくなったときは要注意です。進行すると、眼球が下がってきて、白目の部分が多くなる、ひんぱんに吐く、手足の動きがわるくなる、けいれんをおこすなどの症状があらわれます。

powerd by babycome