細菌性肺炎 さいきんせいはいえん

肺炎球菌 のほか、インフルエンザ菌、ブドウ球菌、溶連菌などの細菌感染によって肺に炎症がおこります。高熱、痰がからんだ激しいせき、呼吸困難、下痢や嘔吐など全身症状があらわれるのが特徴です。赤ちゃんや小さい幼児ほど重症になりやすく、急激に悪化する場合も多いので、顔色が悪く、呼吸が荒くなったら、できるだけ早く受診してください。原因となっている細菌を特定し、抗生物質を使います。入院して酸素吸入、点滴による栄養補給が必要になることもあります。

powerd by babycome