細気管支炎 さいきかんしえん

気管支が肺の中で細かく枝分かれした細気管支に炎症がおこると、酸素やニ酸化炭素の交換がスムーズにいかなくなり、呼吸がたいへん苦しくなります。かぜのウイルスによって炎症がおこることが多く、気管支の粘膜がまだ弱い2歳以下の乳幼児が多くかかります。ひどくなると呼吸困難からチアノーゼ(顔や手足が紫色になる)がおこることもあります。2歳以下の赤ちゃんが激しくせきをして、とくに息を吐くのが苦しそうにしているときは要注意です。小鼻をピクピクさせたり、呼吸のたびに肋骨と肋骨のあいだがへこむような症状が出たときは、急いで受診してください。

powerd by babycome