水腎症 すいじんしょう

腎臓と膀胱を結ぶ尿管が何らかの原因で細くなると、尿が膀胱にスムーズに流れなくなってしまいます。腎盂にたまりすぎた尿のために腎臓がはれて、機能が低下する病気です。尿管が細くなる原因には、先天的に狭窄がある、曲がっている、腫瘍ができて尿管を圧迫している、いったん膀胱に流れた尿が逆流してくる、などがあります。片方の腎臓におこった場合には、もう片方の腎臓が尿をつくるため、気づかないうちに症状が進んでしまいがちです。重症になると、尿がたまった腎盂が大きくなり、腹部がふくらんできます。腎臓の機能が低下するために、尿の量は極端に減り、尿路感染症や腎盂炎をおこしやすくなります。

powerd by babycome