尿路感染症 にょうろかんせんしょう

尿道から腎臓までの尿路のどこかに、細菌感染による炎症がおこった状態を尿路感染症といいます。炎症がおこった部位によって、腎炎、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎などの病名がつきます。多くの場合、排便のときに、大腸菌などの腸内細菌が尿路に侵入したことが原因です。とくに女の子は肛門と尿道が近いので、細菌が入りやすくなります。元気なときは抵抗力があるため、尿路に細菌が入っても発病しないことが多いのですが、病気のあとや疲労で体力が落ちているときなどは炎症がおこりやすくなります。排便後のおしりのふき方に注意しましょう。かぜ症状がないのに急に高い熱が出るのが特徴です。排尿の回数が増え、ときには血尿が出ます。排尿のとき痛みがあり、赤ちゃんはつらそうに泣きます。オムツについた尿の色に注意してください。

powerd by babycome