鼠径ヘルニア そけいへるにあ

もものつけねの鼠径部に、腸の一部が飛び出てくる病気です。腸は本来、腹膜の中に全部おさまっていますが、生まれる直前に睾丸が陰嚢に下りるときに使われた腹膜の穴が閉じないままになると、鼠径ヘルニアがおこります。男の子に多い病気ですが、女の子にも見られます。鼠径部のふくらみを手で押すと簡単にひっこみますが、泣いたりして腹圧がかかると再び出てきてしまいます。痛みはありません。ただし、押してももどらなくなると大変です。この状態を篏頓ヘルニアといい、腸がしめつけられるため、赤ちゃんは痛がって泣きます。長い時間、放置しておくと、飛び出した腸に血液がいかなくなって壊死をおこし、危険な状態となります。

powerd by babycome