腸重積症 ちょうじゅうせきしょう

腸の一部が、二重に重なりあってしまう病気で、もっとも多いケースは小腸の末端部が大腸のはじまりの部分に入りこむ腸重積です。腸壁にポリープやへこみができて、それが原因となることもあります。二重になった腸の部分に血液が流れなくなり、壊死がおこると、手術で切り取らなくてはなりません。原因不明ですが、ウイルス性のかぜのときにおこりやすいともいわれています。24時間以内に治療する必要があるため、次のポイントを参考に少しでも早く気づくことが大切です。・生後5ヶ月ぐらいから2歳までに多い。とくに太った男の子に多い。・かぜ症状があった。・突然、おなかを痛がって激しく泣く。同時に激しく嘔吐する。・数分間で痛みがおさまり、泣きやむ。しかし、10〜30分後に再び泣き叫び、嘔吐する。これを断続的に何度もくりかえす。・顔色がわるく、青ざめている。・泣きやんでいるときは、ふつうの状態だが、徐々に元気がなくなってくる。・ドロリとした粘血便が出る。・おなかにふれるとしこりがある。

powerd by babycome