乳糖不耐症 にゅうとうふたいしょう

母乳、粉ミルク、牛乳などに含まれている乳糖を分解するラクターゼという消化酵素を先天的につくれない赤ちゃんがかかります。また、ウイルス性や細菌性の胃腸炎の後遺症でラクターゼが分泌されなくなる場合もあります。抗生物質の使用でおこることもあり、このようなときは使用をやめれば治ります。先天的な場合は、生後すぐから、飲んだミルクを吐き、下痢もおこります。

powerd by babycome