>
>
> 風疹(三日ばしか)

風疹(三日ばしか) ふうしん(みっかばしか)

風疹ウイルスによる感染症で、赤ちゃんには少なく、幼児から小学生の時期によくかかる病気です。潜伏期間は2?3週間。一度かかると免疫ができますが、大人でも感染経験のない人は発病します。とくに妊娠初期にかかると、胎内の赤ちゃんに先天性風疹症候群がおこることもあるため注意が必要です。はしかと同様の症状がでますが、三日ばしかとよばれるように、発熱も発疹もずっと軽くすみます。38度程度の発熱と同時に、顔から全身に小さな赤い発疹がでます。はしかは、熱がいったん下がり、再び発熱すると発疹が出るのに比べ、風疹は発熱と同時に発疹がでるのが特徴です。せきやくしゃみなどはほとんど出ないで、熱は2、3日で下がり、発疹も3、4日で消えていきます。耳の後ろや首のリンパ節がグリグリと硬くはれることがよくあります。また、風疹ウイルスに感染しても症状がでないままに免疫ができてしまう場合もあります。

powerd by babycome