>
>
> おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎) おたふくかぜ(りゅうこうせいじかせんえん)

耳の下で唾液を出すはたらきをしている耳下腺が、ムンプスウイルスの感染で炎症をおこす病気です。頬やあごがはれて、まるでおたふくのようになるため、この病名がついています。潜伏期間は2~3週間で、周囲に感染させやすい時期は、耳下腺がはれる数日前から発病後1週間ほどです。両側の頬がはれる場合と、片側だけの場合があります。発熱は38~39度で、はれた耳下腺が痛みます。はれと痛みは発症後2~3日がいちばん強く、口をあけることができず、食欲がなくなります。約1週間で治ります。合併症が出る場合もあるので、はれがひいたあとも慎重に経過をみることが大切です。

powerd by babycome