プール熱 ぷーるねつ

アデノウィルスによる感染症で、夏から秋にかけてプールで感染することが多いため、プール熱とよばれています。感染から発症までの潜伏期間は5〜7日で、幼児や小学生がよくかかります。急に38〜40度の高熱が出て、のどが赤くはれて痛み、目の白目の部分が赤く充血して、目やにがたくさんでます。高熱は3、4日続き、せきが出たり、腹痛、下痢をおこすこともあります。

powerd by babycome