かぜ症候群 かぜしょうこうぐん

鼻、のど、気管の入り口までの上気道が炎症をおこし、発熱やさまざまな症状が出る状態を総称して「かぜ症候群」といいます。空気中の細菌やウイルスによる感染によっておこることが多く、炎症が鼻、咽頭、扁桃、喉頭など特定の場所だけに現われたときは、鼻炎、咽頭炎、扁桃炎、急性咽頭炎とよんでいます。鼻水、鼻づまり、くしゃみ、せき、発熱、頭痛、嘔吐、下痢などがおこります。病原菌の種類や、感染したときの体調によって2、3日で治る場合から、高熱が出て、呼吸困難になるほど重い症状になる場合まであります。

powerd by babycome