手足口病 てあしくちびょう

春から夏に多いコクサッキーウイルスやエンテロウイルスによる感染症です。せきやくしゃみによって空気中に飛び散ったウイルスを吸いこむことによって感染することが多く、発症までの潜伏期間は3~6日くらいです。主に5歳以下の乳幼児がかかります。病名からわかるように、手のひら、足の裏、口の中に米粒ほどの大きさの発疹や水疱がたくさんできるのが特徴です。手足の発疹のかゆみはそれほど強くありません。ただし、口の中にできた水疱がつぶれると痛むため、食欲がなくなり、赤ちゃんのきげんがわるくなります。熱は出ないことが多く、出た場合でも38度ほどで、2、3日で下がります。発疹は約1週間で茶色くなり、しだいに消えていきます。

powerd by babycome