とびひ とびひ

あせもや虫刺され、湿疹などにブドウ球菌がつくと化膿します。ブドウ球菌は、通常でも皮膚についている菌ですが、皮膚にできた傷から入りこみ、繁殖します。まるで飛び火のように体のあちこちに飛びうつるため、この名前があります。とびひは、かゆみの強い化膿したおできで、周囲が赤く、真ん中に水疱ができます。この水疱がやぶれると、中からブドウ球菌がたくさん入っている分泌液が飛び出し、周囲に次々と広がっていきます。

powerd by babycome