好中球減少症 こうちゅうきゅうげんしょうしょう

白血球には、リンパ球と好中球がありますが、好中球の量が極端に少ないと、免疫力が低下し、中耳炎や皮膚炎、肺炎などにかかりやすくなります。好中球は2歳を過ぎるころから自然に増えていくものですが、いつまでも増加しない場合は治療が必要になります。感染症にかかりやすく、しかも重症になりやすいからです。家族の中に好中球減少症の人がいる場合は、妊娠・出産時に医師にそのことを伝えておいてください。

powerd by babycome