川崎病 かわさきびょう

4歳以下(とくに1歳前後)の男の子に多く、急な高熱とともに全身に発疹が出る病気です。1967年に川崎富作博士が世界で初めて発見したために、この名前があります。原因はウイルス説もありますが、詳しいことはまだわかっていません。急性期の症状が治まったあと、心臓や血管に後遺症が残ることがあります。原因はまで未確定ですが、後遺症の検査法や治療法は確立されてきました。

powerd by babycome