>
>
>
>
子どもの目に何かが入った!?ゴミ・洗剤…状況によって異なる対処法

子どもの目に何かが入った!?ゴミ・洗剤…状況によって異なる対処法

まつげやほこり、あるいは薬品などが目に入ってしまったら、子どもはとっさに目をこすってしまいがちです。でも、強くこすると目を傷つけるおそれもあります。ふだんから、目に何か入ったと思ってもこすらないよう、お子さんに言い聞かせておきましょう。目に異物が入ったときの対処法をまとめました。

2019-04-02更新

泣いている男の子

ゴミ・砂が目に入ったら

こすらずに涙といっしょに出します。刺さったりしていなければ、ちょっとがまんして目をつぶると、小さいごみなどはたいてい涙といっしょに洗い流せます。

それでも取れない場合は、洗面器の水などに顔をつけて目をパチパチさせるか、ゴミがはっきり見えるようなら、ぬらした綿棒や脱脂綿などに吸いつかせてとりますが、決して無理をして取り出そうしてはいけません。

鉄粉などの異物が刺さったときは、きれいなガーゼや布でそっと目をおおって、すぐに眼科を受診します。

洗剤などが目に入ったら

洗剤や薬品などが飛んで、誤って目に入ったら、シャワーなど大量の水で洗い流します。洗面器に水をはるときは、何度も水をかえながら目をパチパチさせましょう。洗剤などが入らなかったほうの目は、閉じて洗います。

強酸・強アルカリの薬品が目に入った場合は、洗い流したあと、すぐに受診しましょう。

家庭で気をつけたいこと

目に異物が入った状態でこすると、角膜や結膜が傷つく危険があります。小さなお子さんは、ちょっと目に違和感を感じると目をこすりがちです。ふだんから、不用意に目をこすらないように言い聞かせておきましょう。

角膜が結膜が傷ついてしまったら、感染が心配です。ゴミなどがとれても、ゴロゴロしたり異物感がとれない場合は、傷ついている可能性がありますので、かならず受診しましょう。

合わせて読みたい
■ベビカム病気ナビ(子ども医学館)
目に異物が入った
睫毛内反・目瞼内反(さかさまつげ)
■ベビカム病院予約:ネット予約OK!当日予約や休日診療の病院も!
眼科
powerd by babycome