>
>
>
>
妊婦健診では淋病の検査がない…!? 放置すると赤ちゃんへの影響も

妊婦健診では淋病の検査がない…!? 放置すると赤ちゃんへの影響も

「淋病(淋菌感染症)」は、男性の尿道炎を引き起こす性病ですが、女性では自覚症状が少ないのが特徴です。しかし、淋病を放置すると、不妊症の原因となる子宮頸管炎を引き起こしたり出産時に赤ちゃんへ影響したりすることも。予防&早めの治療が大切です。

2019-05-05更新

淋病感染症

自覚症状のない女性こそ「淋菌感染症(淋病)」に注意!

「淋菌感染症」はその名の通り、淋菌という細菌の感染によって起こる性感染症です。

男性が感染すると尿道炎を引き起こし、尿道から膿のようなものが出て排尿痛がみられます。その症状の強さから「男性の病気」というイメージが強い淋病ですが、実は女性は自覚症状が少ないだけで気づかぬうちに感染しているケースが多いため注意が必要です。

女性の場合、性病の中でも「性器クラミジア感染症」などと比べると症状が軽く、おりものが増える程度である場合がほとんど。子宮付属器炎を合併した場合に下腹部痛や発熱をともなったり、オーラルセックスで感染した場合には咽頭炎、目に感染すると結膜炎を起こしたりすることもありますが、症状を訴える人は比較的少ないのが特徴です。

症状がないからと淋病を放置するのはNG!

淋病で怖いのは、症状が出ないまま放置し、無症候性保菌者となった場合です。子宮頸管炎・子宮付属器炎・腟炎を引き起こし、不妊症や子宮外妊娠に繋がる可能性があるのです。また、妊娠中の女性が淋病を治療しないまま出産すると、赤ちゃんが結膜炎(新生児結膜炎)や肺炎になることがあります。

梅毒などと違い、淋病の検査は一般的な妊婦健診に含まれていないことが多いもの。そのため、淋病の疑いや気になる症状がある場合には、早めに医師に相談して検査を受けることが大切です。また、妊娠を希望する女性はブライダルチェックでほかの性病と合わせて検査することもできます。

淋菌は精液や膣内の粘液に含まれるため、セックスの際にコンドームを使用することで予防できます。その上で、もしもパートナーが尿道炎を起こした場合は、淋病の疑いがあるので、一緒に検査を受けてください。

淋病は妊娠中でも抗菌剤で治療することができます。赤ちゃんへの感染を予防するためにも、夫婦でしっかりと話し合い、治療していきましょう。

合わせて読みたい
■ベビカム ウィメンズ・メディカ
淋菌感染症
■ベビカム キッズ・メディカ
新生児結膜炎
■ベビカム病院予約:ネット予約OK!当日予約や休日診療の病院も!
婦人科
powerd by babycome