ママになる準備をしよう!

妊娠と葉酸の大事な関係装飾線妊婦さんのアイコン

>>赤ちゃんの脳と「オメガ3」の関係

葉酸とは、たんぱく質の細胞の新生に必要な核酸(DNA・RNA)を作るのに重要な役割をしており、妊娠初期に葉酸を適切に摂取することで、胎児の神経管欠損という先天異常のリスクが軽減されるといわれています。

妊婦さんに葉酸はなぜ必要?

赤ちゃんを抱っこしたお母さんの写真 葉酸はその名称から植物性食品だけに含まれているように思われますが、動物性食品であるレバーなどにも多く含まれている栄養素です。
葉酸が妊娠との関係の中で注目を浴びている理由は、妊娠初期に葉酸が不足すると、神経系の障害を持つ子供が生まれるリスクが高まるともいわれています。

妊娠前・産後も葉酸は必要?

正常な血管の状態と血管がどんどん狭くなっていく状態のイメージ図 葉酸は、母子健康手帳に胎児奇形の発生予防のための必要性(1日400μg)が記載されているほど、妊娠との関わりが深い栄養素です。
また体内に充分な葉酸が存在すれば、「動脈硬化」や「悪性貧血」発生のリスクは低減します。葉酸は、妊娠との関係が注目されて女性だけに必要な栄養素とみられがちですが、男女問わず全ての人に意識して摂取して欲しい栄養素なのです。

powerd by babycome