赤ちゃんの脳を育てよう!

妊娠中のママにも安心!装飾線お母さんと赤ちゃんのアイコン

水銀の心配がない、植物由来のオメガ3サプリ

妊婦さんイラスト オメガ3(DHA・EPA)は魚に含まれる脂肪酸として有名ですが、魚には自然界に存在する水銀が食物連鎖によって蓄積されています。魚の種類によってはその濃度が高いため、厚生労働省では特に妊娠中の女性に対して「おなかの赤ちゃんに影響を与える可能性が指摘されている」と注意を呼びかけています。おなかの赤ちゃんには水銀を排出する機能がないため、体内に蓄積されてしまうのです。
植物由来のオメガ3であれば、胎児への悪影響を気にすることなく摂ることができます。また、妊娠初期には匂いに敏感になる方が多いので、魚由来のサプリメントでは生臭さが気になることも。植物由来であれば、その心配もありません。

オメガ3から合成されるDHAは、胎盤を通して赤ちゃんまで運ばれます!

子宮の赤ちゃんのイラスト 生まれてきた赤ちゃんにとって、母乳に勝る栄養素はありません。ただし、母乳はママが何を食べるかによってその質に大きく差が出てきます。

オメガ3の理想的な摂取量は!?

オメガ3脂肪酸は、人の体内では作ることができない必須脂肪酸です。そのため食べ物から摂取しなければなりませんが、野菜ばなれ、魚ばなれの現代人は不足しがちです。だからこそ、毎日効率よくオメガ3の栄養を摂取できるサプリメントがおすすめなのです。

オメガ3脂肪酸の理想的な摂取量。妊娠中:1.9g 授乳中:1.7g
厚生労働省「平成17年及び18年国民健康・栄養調査」より

産後ママの「うつ」予防にも!

悩んでいる様子の女性のイラスト 消費者庁が発表したオメガ3の機能制評価では、オメガ3「うつ病」に対する効果も示されています。産後のママは精神バランスが不安定になってしまうことも少なくありません。そんなデリケートな産後のママにもオメガ3の効果が期待されているのです。赤ちゃんのためはもちろん、妊娠中から産後のママにとってもオメガ3は重要な栄養素です。

  • 1
  • 2
powerd by babycome