【肩こり解消】クロールウォーク 妊婦水中運動

肩こり解消「クロールウォーク」 妊婦水中運動
Now Exercise!

肩こり解消「クロールウォーク」

水中を歩くことに慣れてきたら、手も動かしてみましょう。手は歩行の時にバランスをとるだけでなく、水を動かすことで筋肉トレーニングにもなります。まず両手を『前へ習え』の要領でからだの前に出し、水に浮かせて手を重ねます。下にある方の手からゆっくりからだの横で大きく円を描くように回し、前にある手の上に重ねます。次に重なって下になった手を同じように動かします。手が上手に回せるようになったら、歩きながら手を動かしてみましょう。水中では手のひらで水を押し、水の上に腕が上がったら肩から出来るだけ大きく回すように意識しながら動かしましょう。腕を大きく回すことで、上肢の血行も良くなり、普段あまり動かさない肩関節や肩甲骨も動かすことが出来るので、肩こり解消には最適です。

顔を水につけられる人は、競泳のようには泳がずに、大きく手を回すゆっくりとしたクロールを泳ぎましょう。息継ぎが上手にできない人も、無理に息継ぎをする必要はありません。立って息継ぎすればいいのですから、安心して泳いで下さい。顔を水につけたら少し息を止め、それからゆっくりと息を吐き出し始めます。息を全部吐き出す前に立つようにすると、無理なく泳げます。クロールウォークもクロールも、手を回す時は勢いをつけずにゆっくりと大きく回しましょう。勢いをつけて回す手は、空振りになったり、肩関節が上手く動かなかったりするのでよくありません。手を回す時は、息を吐きながら、大きくゆっくりと回すのがコツです。大きくゆっくり手を回すと、肩が動くのがよくわかって気持ちいいですよ!

powerd by babycome