水中ウォーキング 妊婦水中運動

水中ウォーキング 妊婦水中運動
Now Exercise!

水中ウォーキング

水に入ったらゆっくりと歩き始めます。歩くことに慣れてきたら良い姿勢を心がけます。大きくなってきたおなかも水が支えてくれるので、気持ちよく背筋を伸ばすことができます。自分の歩きやすい歩幅とスピードを保ち、ゆっくりと息を吐きます。水圧を押しのけて呼吸することで、腹式呼吸が簡単に出来るようになります。余裕が出てきたら、足の裏にも意識をおいて歩きます。前に進む時は、かかとから着地してつま先の方へ体重を移動させます。足の裏のローリングを覚えて、安定した歩き方を身につけ、日常での転倒予防をしましょう。手も大きく振りましょう。バランスが取りやすくなります。身体の前の水を身体の後ろに押しながら歩くと、前に進みやすくなります。腕のトレーニングにもなりますし、腹斜筋も使うことが出来ます。また、平泳ぎのときのように手を動かして、さらに肩甲骨を動かすと肩こり解消にもなります。前向きに歩いたら、後ろ向きや横向きにもチャレンジしましょう。横向きに歩くときには必ず右と左と同じ距離を歩いてください。

powerd by babycome