ベビカム両親学級 サンスター協賛特別クラス

心とからだの健康に。
「親子のスキンシップ」で愛情深く育てよう!

「サンスター協賛特別クラス オンライン ベビカム両親学級」では、妊娠中・産後のママに向けて子育てに役立つ情報を発信しています。毎回、赤ちゃんのお口ケアをはじめ、心とからだの健康にかかせない情報が満載と好評です。今回は、3~6カ月のお子さんのママ・パパに向けて、親子のスキンシップをテーマに開催されました。こちらでは、親子ヨガについてお伝えします!

お話を伺った人:
親子ヨガ講師 長谷部真奈見(はせべ・まなみ)さん

1.親子の絆を育む親子ヨガ

親子ヨガ講師の長谷部真奈見さんを迎え、親子ヨガの体験レッスンを開催! 親子ヨガは、親と子が一緒にヨガをすることで身体の健康だけでなく、心の絆を深めるという効果も期待できます。今回は、親子ヨガに欠かせない呼吸法と、簡単にできるポーズを行いました。

●親子ヨガの注意点

親子ヨガで気をつけたいポイントは4つ。みなさんもご自身で行う際はぜひチェックしてくださいね。

無理をしない

赤ちゃんやパパ・ママの体調がすぐれない時は無理してやらないようにしましょう。また、赤ちゃんの機嫌がよくないときも無理にやらないことが大切です。

目を閉じずに開けておく

からだが伸びて気持ちよくなるとついつい目を閉じてしまいがち。でも、親子ヨガでは赤ちゃんの安全をしっかり確保することが大切です。赤ちゃんと優しく目を合わせるように行いましょう。絆を深めることにもつながります。

呼吸は止めない

ヨガはポーズだけではなく、呼吸とポーズを組み合わせることで最大限の効果を発揮します。呼吸をしっかりすることで血流が良くなったり、自律神経が整うと言われています。

素足で行う

立ってポーズをする場合は、靴下などを履いていると滑ってしまうことも。なるべく素足になって行いましょう。

●これだけでもからだポカポカ♪ ヨガの呼吸法をやってみよう

日頃、呼吸を意識して過ごすことは少ないのではないでしょうか。ヨガの呼吸法は、深く呼吸をすることで身体の隅々まで新鮮な空気を届けることができます。2、3分行うだけでもからだがポカポカに、20分ほどやれば身体の空気をしっかり入れ替えることができるそうです。腸の活性化にもなるので、ぜひ試してみてくださいね!

<呼吸法>

  • ① あぐらをかいて床に座ります。この時、両脚のかかととおへそを点で結ぶと一直線になるように座るのがコツ。
  • ② 赤ちゃんの胸を自分の胸と合わせるように抱っこして座ります(赤ちゃんと同じ方向を向いて座ってもOKです)。
  • ③ まず、鼻から息をゆっくり吸います。
  • ④ その後、口から息をゆっくり吐いていきます。この時、赤ちゃんのおでこあたりに優しくふ~と息を吹いてみてください。赤ちゃんが喜んでくれます。
  • ⑤ 鼻からゆっくり息を吸って、今度は鼻から息をゆっくり出していきます。

※赤ちゃんを抱っこしながら③~⑤を繰り返します。

▼息を吐くときは、赤ちゃんのおでこあたりに優しく息をふきかける

講座では、腸の活性化や食欲のコントロールにつながる「ねじりのポーズ」や腰痛や生理痛解消が期待できる「キャットアンドドッグのポーズ」、バランス感覚や集中力が高まる「立木のポーズ」などを紹介。どれも赤ちゃんと一緒に無理なく行えるポーズで、参加したママたちもリラックスしながら楽しんだ様子でした。詳しくは、上記動画をご覧ください。

親子ヨガは、親子の触れ合いの機会が増えるだけでなく、親の体型キープにもぴったりです。

2.質問コーナー

参加したママたちから、たくさんの質問が寄せられました。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

Q.日常で取り入れられる赤ちゃんとの遊びや効果的なスキンシップについて教えてください。

A. 歌を歌いながらヨガのポーズを行うのがおすすめです。たとえば、「ちょうちょう」など、赤ちゃんが知っている童謡を振り付けしながらやってみてください。赤ちゃんと手をつないで行うのもいいでしょう。1曲歌いきるうちに筋力も鍛えられますよ。歌っていると呼吸も忘れることがないのでおすすめです。

Q.親子ヨガは、どれくらいの時間行ったほうがいいのですか?

A. だいたい30分くらいが目安です。最初の10分はウォームアップ、次の10分はヨガのポーズ、最後の10分はクールダウンを兼ねたリラックスタイムです。これくらいやると、からだもしっかりほぐれて気持ちもリラックスできますよ。

Q.ひとつだけやるとしたら、どのポーズがおすすめですか?

A. 「飛行機のポーズ」がおすすめです。ママたちは赤ちゃんを座って抱っこすることが多いと思います。そんなときに簡単にできて、太ももやお腹に効くパワーポーズです。お腹と太ももがぷるぷるしたら効いているサインです。

サンスターの新シリーズ「SODATECO(ソダテコ)」

健康で豊かな人生を目指すためには、赤ちゃんがお腹の中にいる時から3歳頃までに「おくち」「おなか」「おはだ」の環境を整えることがお子さまの「一生の健康」のために重要と考え、誕生したシリーズです。
「おくち」「おなか」「おはだ」の3つのカテゴリーで、妊婦、ママ、赤ちゃんの健やかな毎日をサポートするための製品と情報を提供していきます。

powerd by babycome