トップページ > ベビカムリサーチ > VOL.83_1 夫婦間の携帯コミュニケーション(その1) パートナーとメールする内容

ベビカム Weeklyリサーチ

VOL.83_1 夫婦間の携帯コミュニケーション(その1) パートナーとメールする内容

2009年4月24日(金) ~ 4月27日(月)
有効サンプル数 1040

 

平日の日中に子どもの写真を「写メール」したことがあるのは、子どものいる人の過半数
ベビカムでは、ウィークリーリサーチの第83回として、「夫婦間の携帯コミュニケーション」というアンケートを実施しました。(その1)では、みなさんの夫婦間携帯コミュニケーションの実態についてレポートします。
お子さんのいる方の過半数が、平日の日中に「パートナーに子どもの写真(写メール)を送ったことがあります。

 

1.携帯電話・固定電話それぞれの保有率は?


携帯電話の保有率は、みなさん自身・パートナーとも99%で、全回答者1,040人中、夫婦2人とも携帯電話を持っている方は1,024人(組)、2人とも持っていない方はわずか3人(組)です。
みなさんの携帯電話保有率は、1年前の調査結果(VOL.32「ママたちの携帯電話事情」:2008年3月実施)では98%だったものが99%になり、100%に近づいています。
また、ご自宅での固定電話の保有率をみると83%で、1年前の89%から6ポイント低下しています。これだけ携帯電話が普及しているので、固定電話は不要と考える人が増加しているようです。
夫婦2人とも携帯電話を持っている方に、通話料金の「家族間割引サービス」を利用しているかどうかお聞きしたところ、「はい」が84%の964人です。
「家族間割引サービス」を利用するには、夫婦(家族)が同じ携帯電話会社と契約している必要がありますが、そのために、夫婦のどちらかが携帯電話会社を替えたことがあるかどうかお聞きしたところ、自分かパートナーがナンバーポータビリティを利用して変更した方が13%、自分かパートナーが携帯電話番号の変更を承知で電話会社を変更した方が15%となっています。



グラフ1


2.夫婦間の携帯コミュニケーション


平日(仕事などでパートナーと離れている曜日)の日中の、夫婦間の携帯コミュニケーションはどんな状況でしょうか?>br>
ても、休憩時間などに」が8%です。
これに対し、『パートナーの携帯電話からあなたの携帯電話にかけてくること』については、「用事があるときのみ」は69%で、あなた→パートナーのケースとほぼ同じですが、「特に用事がなくても、休憩時間などに」は17%と、あなた→パートナーを10ポイント近く上回っています。
また、『夫婦間で、相手の携帯電話にメールを送ること』のうち、『あなたの携帯電話からパートナーの携帯電話にメールを送ること』については、「用事があるときのみ」が63%、「特に用事がなくても、休憩時間などに」が31%です。
『パートナーの携帯電話からあなたの携帯電話にメールを送ってくること』については、「用事があるときのみ」は64%で、あなた→パートナーのケースとほぼ同じですが、 「特に用事がなくても、休憩時間などに」は26%と、あなた→パートナーを5ポイント下回っています。



グラフ2


3.夫婦間の携帯メールの内容


夫婦間では、携帯メールでどんな内容をやりとりしているのでしょうか? みなさんに複数回答でお聞きしました。
みなさんからパートナーに送るメールでは、『「○○を買ってきて」などの用事や頼みごとのメール』が74%、『何時に帰る、というような予定を伝えるメール』が66%、『自分や周囲(仕事、子育て)のようすを報告するメール』が60%です。
一方、パートナーからみなさんに送るメールでは、『何時に帰る、というような予定を伝えるメール』が87%、『「○○しておいて」などの用事や頼みごとのメール』が67%で、この2つ以外に過半数の方が挙げたものはありません。



グラフ3


4.平日の日中、パートナーに子どもの写真をメールで送る?


平日の日中、パートナーに子どもの写真をメールで送ることがある方は、どれくらいでしょうか?
「よく送る」が16%、「たまに送る」が38%で、合わせて過半数の54%の方が、平日の日中、パートナーに子どもの写真をメールで送ったことがあります。



グラフ4


5.あなたの携帯電話の「待ち受け画面」は?


最後に、みなさんの携帯電話の「待ち受け画面」にどんな写真(画像)を使っているかをお聞きしました。
「子どもの写真」が67%で、圧倒的な第1位です。



グラフ5

 

 

今回のまとめ

みなさん自身の携帯電話保有率は99%で、いよいよ100%に近づいてきています。今回は、それほど普及している携帯電話の利用状況についてレポートしています。

まず、みなさんの携帯電話の「待ち受け画面」ですが、「子どもの写真」を使っている方が圧倒的多数です。最近の携帯電話では、カメラ機能つきが一般的なので、日ごろ子どもと接する時間の多いみなさんが、子どもの表情やしぐさを携帯電話のカメラ機能で撮影し、その画像をそのまま「待ち受け画面」として使っているパターンが多いのでしょう。


そうして撮 …

続きを読む

 

 

 


 

Weeklyリサーチ トップページバックナンバー一覧

人気のリサーチ